スポンサード リンク

結婚したいですよね! > 結婚したい 職業  >> 結婚したい相手の職業にこだわりすぎるのはNG

結婚したい相手の職業にこだわりすぎるのはNG

女性が社会進出は目ざましく、今では「女性といえど働くのが当たり前」という風潮になってきています。ですがそんな中でも、女性が結婚したい相手の職業にこだわるケースは少なくありませんね。安定した公務員がいい、高収入の一流企業勤務がいい、などというのはまさにその代表格。


特に、「正社員ではない」「薄給」「仕事がきつくて長年続けられそうにない」など、女性が働く場とその環境等に不安を抱いている場合、相手の職業にこだわる傾向は強くなります。厳しい言い方をすると、「相手の職業に依存したい」という考え方になるんですね。


ですが最近の男性は、こうした女性の「経済的依存」をかなり嫌う傾向が強くなってきています。男性の平均年収も下がっていますしね、男性も不安なんですよ。不安なところでさらに寄りかかろうとする相手が出てくれば、嫌気がさしてしまうのは仕方のないことかもしれません。


それに「今は理想の職業」の男性であっても、将来的にどうなるかは、誰にも分からないことです。ですから結婚したい相手の職業にこだわりすぎることは、マイナスの要素が大きいと言えるのではないでしょうか。